予防について〜♪


猫さんの病気の予防にはワクチン接種がありますが、その他にもフィラリア、

ノミダニ、お腹の虫の予防のお薬もあります。

獣医師の考えも其々ですので、お勧めしない先生、説明のみでどうしますか〜?の先生、

やらなきゃいけないです!的な先生と〜飼い主さんにとっては難しい選択ですよね。

かあさんは、獣医師ではないので専門的な事は言えませんし……

かあさん個人の考えですので、その点をどうか忘れずに踏まえた上で、ご自分の生活環境に

ベストだと思う選択をお願いします。


20160224111926d09.jpg


我が家の猫さんずはワクチン接種以外の予防は一切していません。

薬の負担が感染のリスクを上回るからです。

遥か昔、ボルネオ島のジャングルに生息するベタというお魚を採取するのに同行した時に

「マラリア」に感染しない為に予防薬を飲み、肝臓をボロボロにした経験があります。

もう17年前ですので薬の質も今とは違いますが、考えの根本に予防薬に対する不信感があります。

虫が死ぬのですから〜身体に負担がないなんてあり得ない〜(; ̄ェ ̄)

ならば、蚊がいない環境やノミがいない環境にすればいいと〜♪

ただね、これは我が家においての考えですので、蚊が多い地域の方や、ワンちゃんをお散歩に

連れて行ってノミをお持ち帰りする方などは当てはまりません。


2016022411192770d.jpg


☆ フィラリア症→ ミクロフィラリアを持った蚊に刺されて感染する寄生虫

人間のデング熱同様、全ての蚊が持っている訳ではありません。

☆症状→ 咳、呼吸困難、食欲不振、体重減少、疲れやすい、嘔吐、失明、痙攣、突然死

ありとあらゆる症状があり、他の病気と区別しにくい。


20160224111929e64.jpg


予防出来るはずの病気に掛かってしまうよりかは予防した方が安心など、

色々な考えがありますので良く考えて愛猫さんの為に選択して下さいね♡


☆ 我が家の猫さんは、お腹の虫、耳ダニ、皮膚病は一切ありませんので

お渡しする際に子猫ちゃんが感染している事はありません。

生後3ヶ月のワクチン接種の際にお金を払っての検便は必要ないかと思います。

無料の際はぜひぜひして下さいね〜♪



☆ プロフィール

「旅猫かあさん」

Author:「旅猫かあさん」
・旅と猫とビールをこよなく
愛す♡ 2児のかあさん
・獣医看護科卒
・愛玩動物飼養管理士
・元、動物病院勤務
・元、バックパッカー
(37ヵ国)

☆ カテゴリ
☆ 月別アーカイブ
最新記事
☆ リンク
☆ アクセスカウンター
☆ ブログ村参加中〜♪
ポチっと応援お願いします ♡ ⬇️ ⬇️ にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ
にほんブログ村