FC2ブログ

猫の病気(FIP)について思う事〜♪

悲しいニュースが多い中でブログは3コマ漫画のような……

お写真見て〜ホッコリ♡ 癒される〜♡ をモットーにしていますが、

今回はちょっと真面目なお話です。

書くかどうか〜迷いに迷い……今も迷っておりますが〜(^^;;

これも何かのご縁かと思いますので書いてみます。

先住猫さんをFIPで亡くされた方より仔猫ちゃんのお問い合わせを頂きました。

その日より〜かあさんの頭の中をFIPが占領しています。

FIPが蔓延している悪徳ブリーダーは論外ですが、FIPについては原因が解明されて

いません。FIPにつきましては、医療従事者でも無いかあさんがあれこれ言う事は

出来ませんが、猫さんにはこんな恐ろしい病気があるのだ!!と、知っている事が

大切な事だと思います。


image_20130701162541.jpg
⬆️ ⬆️
文章とは関係無い〜小さい頃のグミちゃん&ちょこちゃん


大切な仔猫ちゃんをお譲りするにあたり、もっともっと知っていなければなりません!!

医療は日々進歩します。動物病院で働いていたのは何年も前、今はネットで調べられる時代です

ので検索しまくり勉強する日々が続いています。

お問い合わせ下さいました方とは、ご縁が有りましたらとても嬉しく思います。

何故なら〜ウイルスが悪いのであって飼い主さまの責任では無いからです。

⚠︎ 多頭飼いされていてFIPの猫さんが居た場合は、すみませんがお断りさせて頂きます。

現在いる猫さんを大切に、楽しい猫生活を過ごされる事をお勧めします。



「 猫さんが複数いる場所には、ネココロナウイルスは必ずいる 」と言われています。

親猫の抗体値検査が陰性だった場合や、FIPの仔猫ちゃんを1頭も出ていない事を

「 ネココロナウイルスがいない 」とする表現は間違いだと思います。

ブリードするからには、最低2匹必要ですのでネココロナウイルスはいる前提で

考えますととても怖くなります (T_T)

FIPを過度に恐れる必要は有りませんが、猫さんと暮らしている以上それは他人事では

無いのです。常に猫さんの健康管理とストレスに気を配る事が大切ですよね♡


image_20130709092703.jpg
⬆️ ⬆️
文章とは関係無い〜赤ちゃんの頃のくっくん


そして、病気になれば猫さんは勿論ですが、飼い主さまも辛く悲しい思いをします。

可愛いだけ〜では飼えません!!! 飼う前に最低限の知識を持つ事をお勧めします。

生き物ですので人間同様、病気になれば医療費がかかります。残念ながらFIPは存在します。

難しいネココロナウイルスを語るより、涙なしでは読めないサイトですが、

一人でも多くこの病気を知って貰いたいのでこちらを紹介します。

⬇︎ ⬇︎

http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/dog/1316269092/

【強く】FIP猫伝染性腹膜炎と戦う【生きろ】5


全ての猫さんが、末長く楽しい猫生活を過ごせますように願いを込めて……。



☆ プロフィール

「旅猫かあさん」

Author:「旅猫かあさん」
・旅と猫とビールをこよなく
愛す♡ 2児のかあさん
・獣医看護科卒
・愛玩動物飼養管理士
・元、動物病院勤務
・元、バックパッカー
(37ヵ国)

☆ カテゴリ
☆ 月別アーカイブ
最新記事
☆ リンク
☆ アクセスカウンター