猫さんの便秘と毛玉


ちょこちゃんベビー 6期生 柚くんママさんより

ファミリーのみなさまの参考になればと、便秘と毛玉のご報告を戴きました。

柚くんママさん ありがとうございます♡


ファミリーのみなさま〜困った時、不安な時、分からない時、いつでもご相談して下さいね。

「治療歴」のカテゴリは、元気な時も頭の片隅に知識として入れておいて下さいませ。


20161205095541ceb.jpg


柚はすっかり元気です。

先日の報告です。

金曜日
ママおやすみで買い物とか以外はほぼ在宅。
いつもよりごはん食べないな、とは思いましたが、猫さんて食べむらあるし、
同じご飯が続いていたので飽きたのかな?くらいに思いました。
様子は今思えば、遊びたがるじかんが短かったかも。

土曜日
この日は娘の習い事やイベントでほぼ夜まで外出。
朝ごはん、前日よりかりかりを変えるもあまり食べず。柚は毎日快食快便なので、
うんち出てないなぁとこのあたりから気にし始めました。
出かける前にスッキリンあげました。

夜ごはん
帰宅すると置きっ放しにした朝のかりかりが減っておらず、
新しく出し直してもほんの少ししか食べず。
いつもなら人間の夕飯の後が遊びタイムで遊んで欲しくて来るのですが、
押し入れに入って出てきません。
これは様子がおかしいぞと本格的に心配に。

日曜日
朝、大好きなウェットタイプのご飯を出すもなんと残す😨
まるくうずくまってあまり動きません。
パパに頼んで朝一で病院に連れて行ってもらう事に。

最後の排便 木曜日 朝
毛玉を吐いたことがない
食欲なし

病院では上記を伝えてもらい、
レントゲンとエコーで検査してもらいました。
レントゲンではうんちがいくつか腸内にあるものの、
食欲が低下する程ではないかなぁとの見立て。
エコーでは気づかずに誤飲をしていないかみてくれたそうですが、特に異常なし。

溜まったうんちを出して頂く処置をしてもらい、お薬もらって帰宅しました。

帰宅後、うろうろする柚のほうから、カハッカハッと言う聞きなれない音が聞こえた所、
見ると…でっかい毛玉を2つ吐いていたそうです。

あれ?便秘、関係無かった??
旦那と娘しかみてないのですが、旦那曰く
あんなのお腹に入っていたらそりゃ〜食欲なくなるよ、だそうです。

その後は浣腸の影響の下痢も徐々に収まりすっかり元気になりました。
薬は結局全く飲まず😅
病院、行かなくても良かったのかも?と結果からは思いますが、
お話出来ないから難しいですね。

うまく吐けない子なのか、初めてだからなのかはまだ?ですが、
ブラッシングに毛玉ケアごはんにと気をつけていきたいと思います。

参考までにかかった費用
レントゲン4000円
エコー3000円
皮下点滴1800円
処置(便を出す)2000円
薬 (ガスモチン処方料含み)1000円
再診料600円

合計約13000円でした。


20161205095543a94.jpg


猫さんの便秘はとても苦しいです。(人間もですが〜)

日頃の排便の回数を基準にして、便秘が酷くならない前に何か手助けを

してあげて下さいね。

・便秘対策用のキャットフードに変更

・オリーブオイルやヨーグルト

・整腸薬、サプリメント

・マッサージ


猫 便秘で検索しますと方法が沢山載っていますので、

状況に応じて試してみて下さいませ。

それでも解消されない時には動物病院へGO!!です。


そして、毛玉ですが

上手に吐ける子、ウンチから出す子、お腹に溜まる子

体質によって異なります。

毛玉対策用キャットフード、スッキリン、猫草 などなどありますが、

換毛期にブラッシングで少しでも飲み込む毛を減らしてあげる事も大事ですね。


因みに、我が家のミントちゃんは生後6ヶ月で毛玉を吐きました。

なので、まだまだ子猫だから大丈夫〜はダメですね。かあさん、反省中です(^◇^;)








突然のさようなら


我が家から巣立った可愛い猫さんが、「虹の橋」を渡って行ってしまいました。

突然の悲しい報告ですみません。

そして、またたびファミリーの皆さまにご報告するのに長い月日が

経過してしまった事をお許し下さい。

全てOPENにするスタンスですが、巣立った後はご家族さまのお考え(公開・非公開)を

最優先とさせて頂きます。



20160905175535cff.jpeg


1歳のお誕生日を目前のある日、お昼前頃から少し様子が変で

夕方に入院し、深夜の1時に息を引き取ってしまいました。

それは、それは突然のさようならでした。

解剖をしていませんのではっきりとした死因は不明ですが、

獣医師の診断は「急性肺水腫」でした。


20160905175532c18.jpeg


「急性肺水腫」の原因の多くは、心臓疾患が考えられます。

避妊・去勢手術の際の検査では何も問題はありませんでした。

原因にもよりますが、心不全からの肺水腫は数時間以内に突然発症します。

そして助からない事が多いです。

直接的に予防する方法がありませんので、早期発見、早期治療しかありません。


☆ 主な病状としては、呼吸困難・咳・元気消失などがあります。

( 遊んだ後や、興奮した後の開口呼吸とは違います )

元気もなく、食欲もなく、呼吸が苦しそうな時は至急動物病院にて受診をお願いします。


20160905175537656.jpeg


繁殖に携わる者として、このまま続けていいのだろうか……

深い喪失感、罪悪感、有りとあらゆる感情に押し潰されそうな日々……

そんな、かあさんに ご家族さまから写真集が届きました。

そこには楽しく過ごしたお写真と、愛情たっぷりの文章に愛が溢れていました。


一緒に過ごした時間は短かったけど、

生まれて来て良かったと、

幸せだったと、

虹の橋の向こうで絶対に思ってくれていると………

そう思わせてくれる写真集でした。


2016090517553177c.jpeg


そして、月日は流れて現在は子猫ちゃんとの生活がスタートしています。


「絶対にうちの子に生まれ変わって、又 ご家族さまと一緒に暮らしてね!」

かあさんの切なる願いを ご家族様に受け取って頂きました。

似ている所、似ていない所を日々楽しみながら、その子猫ちゃんと虹の橋の猫さんの存在を

いつも身近に感じながら過ごしているそうです。


20160905175534d13.jpeg


このブログを書く事に意味はあるのか?

ご家族さまを再度悲しませてしまわないだろうか?


書いては消しての繰り返しの日々でした。


そんな、かあさんの背中をご家族さまが押してくれました。


☆☆のこと、色々と考えてくださりありがとうございます。

書いてくださるブログを読んで、絶対に泣いてしまうとは思いますが、

私が嫌な想いになることは決してありません。

ファミリーの皆さんにOPENにするという、かあさんのポリシー、ご姿勢があるからこそ、

信頼しているのです。その事実を知り、ファミリーの皆さんに悲しい想いをさせてしまうのは

本当に申し訳ないですが…真実をお知らせいただきたいと、私も思っています。

(原因がわからず、防ぐ為の情報公開に出来ないのが心苦しいですが…申し訳ありません。)

今こうしてメールを打っていると、どうしても涙がこぼれますが、

そばで寝ていた○○が起きて涙を舐めてくれました。なぐさめてくれてるんですね。

またすぐ寝ちゃいましたが^ ^

☆☆と過ごした時間は短くも本当に幸せな時間でした。

そして、私にとってこの出逢いは一生大切な宝物です。

そして☆☆が運んでくれた○○との出逢いに、心から感謝しています。


20160906165048a38.jpeg


沢山の子猫ちゃんの中から出会った事が奇跡でもあり、深い深い「ご縁」だと思います。


愛する猫さんを喪うと、心に猫型の穴がポッカリ空いてしまう気がします。

その穴は猫さんでしか埋められないし、その穴を完全に塞ぐ事は出来ません。


新しく猫さんと「ご縁」がある時は、虹の橋から愛猫さんが必要な時に、

必要としている猫さんを必ず連れて来てくれる時だと信じています。

そして、その猫さんとの暮らしの中で思い出したり、ふと 会いたくなったりする事が、

いつ迄も忘れる事なく心の中で一緒に居られる事だと思います。

そんな姿を虹の橋の向こうから愛猫さんは見守っていると思っています。



☆ 我が家の猫さんと、生まれて来てくれた子猫ちゃん全員が かあさんの宝物です。

もし、虹の橋を渡ってしまっても、かあさんの可愛い子供です。

いつ迄も忘れる事なく心の中に一緒にいようね♡


みんなが健康で幸せな毎日でありますように。












誤飲・内視鏡 その2


☆その1からの続きです。


20160828143016920.png


お腹の中に何も残ってないことを確認して終了しました。

あとは、麻酔が覚めるのを待つだけ、と言われましたが、


20160828143021ddb.png


一般的にどれくらいで覚めるのかを知らないので、なかなか覚めないような気がして、

不安でした。まだ意識がはっきりとはしていませんでしたが大丈夫という事で車へ。


201608281430279a6.png


途中車の中でシャッキリとなり、実家によった時の1枚です。

でも帰宅後は、疲れたのかずっと寝ています。


201608281430261bf.png


他の子が近づいても、ちょっとゴキゲンも悪いのか、みんな恐る恐るだし、一人にして!!

といった感じでまた寝てしまいます。


20160828143012962.jpeg


間近に見て、色々な衝撃が大きかったです。全身麻酔でぐったりしている姿も

見守っていてとても複雑な気持ちでした。長男だけが一緒に行ったのですが、涙ぐんでいました。

ほんの不注意で大変なことになります。多頭飼い、そして、人間の家族も多くこれからも

完ぺきになんてできないかもしれません。

でも、本当に大変な思いをする事が身に染みました。

ちなみに、覚悟はしてましたが、結構 (62100円) かかりました。

普段から気をつけて、こうやってかかる分を美味しいものにかけてあげたいものですね!

私もブログに…と思っていますがいつもなかなかで(´-`)

今回、間近でリアルに撮れたかと思います。お写真を使って頂いて、

またみなさんに呼び掛けていただけるとありがたいなと思います。

今はとてつもなく大変な時期は承知ですから、余裕が出来た時にでも(^^)


☆ 空太くんママさん〜色々大変でしたね。

お写真ありがとうございます。

ブログにUPするのが大変遅くなりました。m(_ _)m

空太くんはその後、元気ですので皆さま ご安心を〜♪

空太くんは運良くレントゲンで発見されて良かったです。

我が家も子供達のお菓子の袋の切れ端や学校の工作の道具など……

食べたら死んじゃうよ〜と毎日のように注意していますが〜

もし、知らない内に食べてしまっても症状が出る迄 分からないって怖いですよね。


インスタをされている方はご存知ですが、ユリの花の花粉を食べてしまって

心配と不安な思いをした 猫さん&ご家族さま もいます。


猫さんにとって危険な物は思いの外、沢山ありますので皆さま今一度

ご注意願います。よろしくお願いします。(=^ェ^=)













誤飲・内視鏡 その1

☆グミちゃんベビー 4期生 空太くん

空太くんママさんより〜誤飲の危険について皆さまに知ってもらいたいとの事で、

お名前を載せてのご報告となります。


空太くんの誤飲が見つかったのは、去勢手術の際のレントゲンでした。

お腹の異物が体調を悪くさせたりする危険はないとの事で、

自力の排出を願っていましたが、残念ながら内視鏡となってしまいました。


空太くんママさんより ⬇︎


御心配おかけしております。今日、異物を取り除きに行ってきました。

我が家からは、高速を飛ばして30分以上という離れた病院だったのですが、

想像していた動物病院とは違って、見過ごしてしまったくらい大きく人間の病院のような

ところでした。

麻酔をかけるところから全てオープンでやって下さり、みんなで見守りながらの手術?

となりました。

撮影もOKでしたので、お写真付きで報告します。

まずはCT。


20160828133448bfd.png



20160828133454676.jpeg


レントゲンでは、胃と腸が重なってる場合があり、場所の特定が難しいということでCTで、

胃にあることが確定されました。そして内視鏡を入れていきました。


20160828133454a6a.png


2016082813350394b.png


20160828133521f3e.png


異物を掴んで無事取り出せました。水色の器具の上に置かれているのが異物です。

工作などで使うモールでした。



☆その2に続きます。































猫さんの誤飲にご注意を〜♪


最近、またたびファミリーの猫さんの誤飲が二件ありましたので、

皆さまともう一度 如何に危険かを共有したいと思います。

☆ ある日突然嘔吐した中にプラスチックが入っていた猫さん

☆ 物を束ねる針金のような物を誤飲した猫さん


20160430133125903.jpeg


猫さんは本来、狩りをする動物ですので色々な物に噛み付いて狩りの真似をする子が多いです。

そして、消化出来ない物を飲み込んでしまう事があります。

プラスチックもその一つで小さい物なら便に出てくる可能性がありますが、大きさや形によっては

胃や腸を傷つけてしまいます。残念ながらプラスチックはレントゲンに映らない為に検査では発見

しづらいです。


20160430133126b91.jpeg


誤飲の中でも、長く細い糸状は特に危険です!!!

猫さんの腸の動きは他の動物に比べると強い為、その動きによって腸に入った糸状の異物は

腸内で伸ばされピンと張るので腸が切れてしまいます。その為、命にかかわる場合もあります。

ふみふみしたタオルから出た糸も危険です。



20160430133127453.jpeg


猫さんの誤飲の内容は様々です。

段ボール、ネズミのオモチャ、ティッシュ、輪ゴム、リボン などなど……。

「情熱大陸」でリボンを誤食してしまった猫さんを見た方も多いのでは〜??


ちょこちゃんは最近、綿棒が大好きで見ると目の色が変わりルンルン光線が凄いです(^◇^;)

グミちゃんはビニールが大好きで、特にお菓子の小さな包み紙はあっという間に口の中へ

入れてしまいます。そして、かあさんに手を入れらて取られますが………。


猫さんによって好き好きは違いますから〜好きな物は特に注意が必要です。

もし、飲み込んでしまったら直ぐに動物病院へGOです。

皆さま〜気を付けて下さいね♡




☆ プロフィール

「旅猫かあさん」

Author:「旅猫かあさん」
・旅と猫とビールをこよなく
愛す♡ 2児のかあさん
・獣医看護科卒
・愛玩動物飼養管理士
・元、動物病院勤務
・元、バックパッカー
(37ヵ国)

☆ カテゴリ
☆ 月別アーカイブ
最新記事
☆ リンク
☆ アクセスカウンター
☆ ブログ村参加中〜♪
ポチっと応援お願いします ♡ ⬇️ ⬇️ にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ
にほんブログ村