正しい毛色の判断とは??〜♪

昨日、珍しいオスの三毛猫のお話をしましたが〜

今日は正しい毛色の判断って何????のお話です。


20170409093306e04.jpg


我が家のドラちゃん〜♪

珍しいオスの三毛猫と言われましたが………

おじいちゃんの くっくん(ブルータビー&ホワイト)との違いが分かりません。(^◇^;)

(見る人が違えば、ドラちゃんはブルータビー&ホワイトになるかも??)

現在のくっくんよりドラちゃんの方がクリームがハッキリしていますが〜♪

くっくんの子猫ちゃん時代もクリーム入っていたし……。



難しい話をしても分かり難いので〜沢山端折って簡単に言えば、

毛色のカラー因子(遺伝子)には、ブラック因子・レッド因子・白斑因子があります。

☆ブラック因子とは→ 毛色が黒色や茶色 →希釈されるとブルー

☆レッド因子とは→ 毛色が赤色 →希釈されるとクリーム

☆白斑因子とは→ 毛色が白色

その全ての因子を持ち合わせたのが三毛猫となります。



おじいちゃんの くっくん♡


20170409093309bc6.jpg


遺伝子検査をすれば分かる事ですが〜

我が家のドラちゃん〜♪

珍しいオスの三毛猫ですよ!!って付加価値を付けて高値で販売する訳でもないし、

キャットショーに出す気もないし、繁殖する訳でもないし、

かあさんの目指す先は、セラピーキャットなのだから〜

ドラちゃんの毛色がどうこうって関係ないんです。

珍しいオスの三毛猫 = 短命 なのであれば、珍しくない方がいい!!!


でもね、大きな目標である病気の子供達がドラちゃんとの触れ合いで

少しでも元気UPしてくれたらなぁ〜との思いに、ちょっぴり夢がある

「オスの三毛猫に会うと福が来るんだよ♡」の言葉は良いと思いませんか〜?

(勿論、病気となり遺伝子検査が必要とあれば検査します。)


201704091006038bf.jpg



ドラちゃんと兄弟の斎藤さん(もっち君)ママからメールが届きました。


斉藤さんなんですが、ワクチンの時に先生に、カラーは何になるのかと聞かれて…

先生は、三毛猫なんじゃないかと…

私はオスに三毛猫が少ない事を全く知らなかったので、その時に聞き、ネットなどで

調べてみたのですが、三毛猫のくくりが単純に3色、色が入っていること。となっているので、

それは当てはまるのですが。

でも、遺伝子の関係でとても希少だというけれど、斉藤さんが3毛であれば、ぴーにゃんや、

くるみくんも3色だし…と、私もどういう条件でそうなのかも、はっきりせずで、獣医さんも

「勉強不足ですみません。」とブリーダーさんにカラーを聞いてください!というので、

母さん教えてください!

後、もしそうであれば、繁殖能力がないとか、短命だとか色々ありましたが、

そのへんも合わせて教えていただけるとありがたいです。

(繁殖能力に関しては去勢するので特別気にはならないのですが)

ドラちゃんのインスタ見て、私の疑問にあまりにタイムリーでビックリしました!

30000分の1とか言われてるらしいですよね!

その30000分の1がこんなに集結するわけないかー💦


201704090933084fa.jpg


斎藤さん(もっち君)ママさん〜メールありがとうございます。♡

カラーは、ブラウンタビー&ホワイト(ブラック因子&白斑因子の2毛)となります。

三毛猫の定義って何?? ですよね〜。(^◇^;)



オスの三毛猫は、染色体の異常 = 病気ですので繁殖能力が無いと言われ、

染色体の異常 = 病気だから短命だと……。でも、そんなの誰が決めるの!!ですが……。


グミちゃんベビーあんずちゃんはレッドタビーですが、女の子は数少ないと言われています。

もっち君&あんちゃん〜♪ 今後の成長が楽しみです。♡


またたびファミリーのみんな〜元気で長生きしてね。(=^ェ^=)


☆2017年4月16日追記

ブログを見た方より、ドラちゃんの毛色は「ブルータビー&ホワイト」です。

とメール頂きました。ありがとうございます。♡

予防について〜♪


猫さんの病気の予防にはワクチン接種がありますが、その他にもフィラリア、

ノミダニ、お腹の虫の予防のお薬もあります。

獣医師の考えも其々ですので、お勧めしない先生、説明のみでどうしますか〜?の先生、

やらなきゃいけないです!的な先生と〜飼い主さんにとっては難しい選択ですよね。

かあさんは、獣医師ではないので専門的な事は言えませんし……

かあさん個人の考えですので、その点をどうか忘れずに踏まえた上で、ご自分の生活環境に

ベストだと思う選択をお願いします。


20160224111926d09.jpg


我が家の猫さんずはワクチン接種以外の予防は一切していません。

薬の負担が感染のリスクを上回るからです。

遥か昔、ボルネオ島のジャングルに生息するベタというお魚を採取するのに同行した時に

「マラリア」に感染しない為に予防薬を飲み、肝臓をボロボロにした経験があります。

もう17年前ですので薬の質も今とは違いますが、考えの根本に予防薬に対する不信感があります。

虫が死ぬのですから〜身体に負担がないなんてあり得ない〜(; ̄ェ ̄)

ならば、蚊がいない環境やノミがいない環境にすればいいと〜♪

ただね、これは我が家においての考えですので、蚊が多い地域の方や、ワンちゃんをお散歩に

連れて行ってノミをお持ち帰りする方などは当てはまりません。


2016022411192770d.jpg


☆ フィラリア症→ ミクロフィラリアを持った蚊に刺されて感染する寄生虫

人間のデング熱同様、全ての蚊が持っている訳ではありません。

☆症状→ 咳、呼吸困難、食欲不振、体重減少、疲れやすい、嘔吐、失明、痙攣、突然死

ありとあらゆる症状があり、他の病気と区別しにくい。


20160224111929e64.jpg


予防出来るはずの病気に掛かってしまうよりかは予防した方が安心など、

色々な考えがありますので良く考えて愛猫さんの為に選択して下さいね♡


☆ 我が家の猫さんは、お腹の虫、耳ダニ、皮膚病は一切ありませんので

お渡しする際に子猫ちゃんが感染している事はありません。

生後3ヶ月のワクチン接種の際にお金を払っての検便は必要ないかと思います。

無料の際はぜひぜひして下さいね〜♪



折れ耳と繁殖不可について〜♪

《 折れ耳について簡単に説明します 》

折れ耳にも二種類あるのはご存知ですか〜?

スコティッシュフォールドの折れ耳は「 優性遺伝 」です。

「 ★ 」を折れ耳、「 ☆ 」を立ち耳の遺伝の記号とすると、

「 ★ ★ 」折れ耳 → 重い障害が出る可能性大、繁殖には不向き

「 ★ ☆ 」折れ耳 → 障害がないか、障害があっても比較的軽い

「 ☆ ☆ 」立ち耳


・ 折れ耳は耳の軟骨形成不全ですので、他にも何らかの軟骨形成不全 (骨瘤など)が

出る可能性もあります。


20160111152606555.jpg


折れ耳「 ★ ★ 」× 折れ耳「 ★ ★ 」の両親の子供の遺伝は、「 ★ ★ 」折れ耳100%です。

折れ耳「 ★ ★ 」× 折れ耳「 ★ ☆ 」の両親の子供の遺伝は、 「 ★ ★ 」と「 ★ ☆ 」

二種類の折れ耳、見た目としては折れ耳100%です。

折れ耳「 ★ ☆ 」× 折れ耳「 ★ ☆ 」の両親の子供の遺伝は、「 ★ ★ 」と 「★ ☆ 」

「 ☆ ☆ 」二種類の折れ耳と立ち耳が生まれる可能性があります。

折れ耳「 ★ ★ 」× 立ち耳「 ☆ ☆ 」の両親の子供の遺伝は、「★ ☆ 」折れ耳100%です。

折れ耳「 ★ ☆ 」× 立ち耳「 ☆ ☆ 」の両親の子供の遺伝は、「 ★ ☆ 」と「 ☆ ☆ 」

折れ耳と立ち耳が生まれる可能性があります。

立ち耳「 ☆ ☆ 」× 立ち耳「 ☆ ☆ 」の両親の子供の遺伝は、「 ☆ ☆ 」立耳100%です。


20160111123857071.jpeg


我が家のパパ猫 くっくんは「 ★ ☆ 」なので、必ず折れ耳と立ち耳が生まれます。

娘のナッツちゃんも 「 ★ ☆ 」です。

子猫ちゃんは 「 ★ ☆ 」と 「 ☆ ☆ 」のみですが、絶対に安全とは言えません。

生き物ですので、病気になれば人間同様にお金がかかります。

スコティッシュフォールドの特性を知った上での知識と覚悟が必要となります。

ご家族に迎える前に、「スコティッシュフォールド 病気」などを検索する事をお勧めします。


20160111135525cec.jpg


《 繁殖不可について 》

同じ折れ耳でも折れている子もいれば、生まれた時は折れ耳でも途中で立ち耳のようになる

子猫ちゃんもいるので、遺伝ではなく見た目で折れ耳と立ち耳を判断すると大変危険です。

(ブリーダーの中にも間違えている方も残念ながらいます。)

その他にもブリーダーは基本、キチンと血統を読み両親の組み合わせを考えます。


出産も血統書付きの人間が手を加えた猫種は危険を伴います。

ブリーダーさんのブログでもよく「虹の橋」へと目にします。プロでも救えない命があります。

我が家で生まれた大切な子猫ちゃんを、安易な考えで不幸にさせたくありませんので

繁殖不可とさせて頂きます。

元気が出る薬〜♪

グミちゃんの出産に沢山のお祝いメールを頂きました♡

毎度の事ですが、お産婆さんすると全身筋肉痛で湿布まみれのロボット歩き(笑)

身体はボロですが、心は皆様からの温かいお便りで元気100倍!!!

ほんと、ほーんと嬉しいんです〜♪ ありがとうございます♡


これは、かあさんの考えですが〜新しい命には繁殖者として責任があると思います。

産ませるからには、寝ている間に出産してたなど論外です。

眠気防止薬を使用してでも付き添います。


残念な事にブリーダーってイメージ悪いですよね(; ̄ェ ̄)

発情が来る度に産ませて、まるで出産マシーン……。

それに加え、巷では猫ブームらしく……

嬉しい事ですが、バンバン産ませて 全ての子猫ちゃんにご縁はあるの〜?

ご縁がなかった子猫ちゃん達はどうなるの……と、考えると悲しい気持ちになります。

これから先の未来に、一人でも多く素敵なブリーダーさんが誕生する事を切に願ってます。


さて、ちょっと真面目なお話はここまで〜♪

ちょこちゃんベビー2期生 ソル君から癒しのお写真届いています♡


お疲れ様&おめでとうございます😻

かあさん2日徹夜…ということは、難産だったのでしょうか?

グミ姉さん、いつものマイペース育児で頑張ってにゃฅ*•ω•*ฅ

すでに大きそうなべびにゃんずですが♡

コロコロとした可愛いお写真が見られるのを楽しみにしておりますฅ*•ω•*ฅ


20151025074502875.jpeg


ベビにゃんず かわいいにゃ~♡

忙しい&疲れた身体に癒やしですね( *´罒`* )

赤ちゃんが可愛いのも勿論ですが、

おとにゃになってもふもふ増加したからこそ出来る!!

可愛い間抜けさんがこちらです(笑)


20151025074456770.jpeg


いつもお口挟まってるので、顎下がびちょびちょな長毛種あるある(´・ω・`)

くすっと笑って癒されて下さいฅ*•ω•*ฅ


☆ ソル君ママさん〜ありがとうございます♡

もーねぇ〜癒されちゃう!!!!!

なんて可愛いの〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆















仲間の出産を助ける猫〜♪

我が家の猫さんの「ちょっと良いお話〜♪」

猫の出産の一般的なイメージはポコポコ産む〜かと思いますが……

野良猫は厳しい環境の中で、生き残った最強の遺伝子同士ですが、

スコティッシュフォールドは人間が作り出した猫の為、最強ではなく

見た目の遺伝子の為に出産は簡単ではありません。

そして、我が家ではセレブ御用達産婦人科みたく(笑)

超・至れり尽くせり・甘やかしまくりの出産となります。

お産婆さんのかあさんがそれで良ければ良いのです!!!!


20150425184508f56.jpg


グミちゃん〜出産予定日の夕方4時頃より陣痛が来ました。

様子が変なので、心配な二匹は上からそーっと見守っています♡


201504251845093d7.jpg


陣痛が来ると、かあさんにべったり張り付き「撫でて〜♪」と要求します♡

撫でながら、お腹の張りや胎児の位置や陣痛間隔、破水した時の羊水の色などチェックし

様子見か動物病院へGO!かの判断となります。


陣痛から出産迄が長過ぎで、お産婆のかあさんの撫で続けるのが限界に近付いてきた時に、

グミちゃんが落ち着いた先は、ちょこちゃんのお産箱の中でした (≧∇≦)

グミちゃんが入るには狭い箱の中でベビにゃんずも居るのに……

ちょこちゃんはすんなり受け入れました。それから、ベビにゃんに哺乳しながら

ずっとグミちゃんを何時間もなめ続けてくれました♡

ちょこちゃんの愛情の深さに思わずポロリ……(T_T)


2015042518451173a.jpg


7時間後の23時にようやく長男くん誕生しました。

グミちゃんの体格では106gと少し大きめだった為か超・難産でした。

グミちゃんとちょこちゃんの間の黒いのが長男くんです。

長時間だったせいか?? グミちゃんのオッパイがカチンコチンに張ってしまい

「かあさんのオッパイ教室」も試みましたが、長男くんの体力も弱かったので

吸いつけず ちょこちゃんに頼みました♡


20150425184512503.jpg


長男くん誕生から次男くん誕生迄も長く……一人深夜の不安で孤独な時間を

ちょこちゃんが支えてくれました♡

2時半に次男くん誕生、3時に長女ちゃん誕生しましたが、

三匹全てちょこちゃんに面倒見てもらい、固くて中々初乳が出ないオッパイを

ちょこちゃんベビーが吸って通りを良くしてくれました♡

「ありがとね〜♡」が何回も何回もあふれた夜でした。

無事、産まれてくれてありがとう♡


かあさん、あなた達を手離したくないわ〜(^^;;

繁殖なんかもう辞めよう……何度も思った夜でした(^◇^;)

ほんと、無事産まれてくれてありがとう♡



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ
にほんブログ村
⬆️ ⬆️ ⬆️
ブログ村参加中。ポチっと応援お願いします(=^ェ^=)


☆ プロフィール

「旅猫かあさん」

Author:「旅猫かあさん」
・旅と猫とビールをこよなく
愛す♡ 2児のかあさん
・獣医看護科卒
・愛玩動物飼養管理士
・元、動物病院勤務
・元、バックパッカー
(37ヵ国)

☆ カテゴリ
☆ 月別アーカイブ
最新記事
☆ リンク
☆ アクセスカウンター
☆ ブログ村参加中〜♪
ポチっと応援お願いします ♡ ⬇️ ⬇️ にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ
にほんブログ村